㈱メディアリミックス代表 榎本高顯さん

スタジオ風景

第12弾は、アナウンサーと一緒にお仕事をされる録音スタジオのミキサーでいらっしゃる榎本さんにお話しを伺いました。

インタビュアー
インタビュアー

CMプロデューサー、ディレクターさんとして、今の新潟のフリーアナウンサーをどう感じていますか?

積極的な人が少ないですね。新潟でもローカル局以外にコミュニティー局がけっこうありますが、そこでパーソナリティーなどされている方は、忙しいのか今のお仕事に満足されているのか?自分を売り込みに来る方って全くと言って良いほど居ませんよね!?私は広告代理店のパーティーとかで制作会社が集まって雑談する機会がけっこうあるので、オンエアーで気になっているナレーターさんを紹介してもらうこともあります。となると限られた方ばっかり仕事が回るわけですよ!
もっと仕事したい、人気のアナウンサーになりたいと思うのであれば、もっと努力して欲しいですよ。レッスンに通うとか、ボイスサンプルを作って制作会社に配るとか、もっと意欲的に行動して欲しいですね!ボイスサンプルを作ったことがない人はどうしていいのか判らないと思いますが、普段お仕事での同録を聞いて自己反省する以上に、自分を売り込むためのボイスサンプルを作ると、自分に対しての評価やダメ出しがシビアにできます。結果ボイスサンプルを作ることでスキルアップになるはずです。録音スタジオで制作されるのであれば、その時にアドバイスもしてもらえると思います。

インタビュアー
インタビュアー

榎本さんはラジオCMを多く制作されていますが、ナレーターには素人の方を基礎からレッスンして起用されています。アナウンサーはナレーターとして難しいですか?

アナウンサーさんは自分の感情を出さないでニュースなど読まなければならないので、言葉の語尾を切る訓練をされているようですが、逆に演技をする場合、言葉の語尾を切ってはダメなんですよ。ですからアナウンサーさんが今まで練習してきたことを根本から変えないとダメかもしれません。私が作るCMは声優さんが必要な仕事ばかりですが、新潟ではフリーのナレーターの方が少ないので、私自身で声優やナレーターの養成をやっています。もともと素人だった方がほとんどですが、誰でも良いわけではなくて顎の形とか、歯並びとかは大事ですし、あと歌がうまい方ですね!
歌がうまい方は声の出し方ができているので滑舌のトレーニングからでOKで、音感が良いので言葉の抑揚を覚えるのが早いんです。なので私のレッスンでは基本練習の他に歌のレッスンも行います。発声練習は「あ、え、い、う…」じゃなくて「あぁ、えぇ、いぃ、うぅ…」です。言葉を母音で伸ばすので語尾の余韻や「しゃくり上げ」の練習になり、声優のレッスンでも活かされます。

インタビュアー
インタビュアー

アナウンサーとナレーターは別物ですね。アナウンサーがそこに入っていくにはどうしたらいいでしょう。

具体的には「スイッチ」が切り替えられる人。アナウンサー読みは語尾をはっきり言い切りますが、ナレーターは「余韻」が表情になります。他にも高低、抑揚、間、息の使い方、声帯の位置まで考えることによって「表現力」になるわけです。そして気持ちを込めて発することで言葉に魂がこもる。ニュースを読むときのように無表情に喋べる時と感情豊かに演技する、この相反する喋り方を切り替えるスイッチを身につければ良いと思います。

インタビュアー
インタビュアー

どんな練習がいいでしょうか?

すぐ始められて効果的な練習は「まねること」です。テレビやラジオを聞いていてうまいと思ったり気になったセリフなど録音して、原稿として書き写し、自分の読み合わせた声を録音して聴いてみる。「どうも自分の殻を破れていないな」と思うならアニメの吹き替えをまねしてみたらいいと思います。アニメはただの画像に命を吹き込むわけだから呼吸まで声に出しますよね。意識を持てば練習材料は身近にあるんです。とにかく「やらなければ進まないよ」と声をかけたいです。

インタビュアー
インタビュアー

榎本さんのような方が新潟にいるのですから新潟のフリーアナウンサーの人はもっと積極的に行動してほしいですね。

ローカルの良さは車で会社にすぐ出かけられるところです。「ちょっと近くまで来ました!」と言って顔をだす、「宣材作ったので置いてもらえますか」もOK!行動しなければ出会いもなくチャンスも生まれない、スキルアップしたいしゃべり手さんはいつでもウエルカムです!

(後記)
榎本さんには協会の講座のレッスン会場にアフレコスタジオを破格の料金で提供していただき、さらに「ナレーション収録体験」として大スクリーン、マイク、Qボタンなどをセッティングしていただくなどお世話になっています。「上手くなりたいと通ってくる受講生さんのためにできるだけのことをしてあげたい」との嬉しいお言葉、頑張ろうと行動する人にはきっと榎本さんのような応援してくれる人との出会いがあると思います!

【榎本さんプロフィール】
1959年新潟県生まれ
中学時代からオリジナル曲を作り始め、20代ではヤマハのアーティストのバックバンドや自らもミュージシャンとして活動。31歳で音楽制作とCM、ラジオ番組制作の会社を設立し、後に映像制作も加え「㈱メディアリミックス」代表として現在に至る。新潟では榎本さん作曲の数多くのオリジナルCMソングがオンエアされている。
【受賞歴】
ACC奨励賞(ラジオCM部門)
新潟広告協会「ラジオCM優秀制作社賞」(2013 年2014年)他。